2024年1月15日月曜日

所沢七福神めぐりウォーキング

 1月7日(日)

この日、本当は山手線一周42kmランに行く予定だったのですが、
一緒に走るはずだったラン友が、急遽体調不良で行けなくなり、
延期になってしまったのです。

それで、スケジュールがぽっかり空いてしまったので、
色々考えた結果、まだ初詣にも行ってないので、
久しぶりに所沢七福神めぐりに行こうと思い立ったんです。
ロコママを誘って。。。

だけど、ロコママを誘うからには、走る訳にはいかないので、
ウォーキングなんですけどね。


一応、所沢市で作ってくれたマップがあるんですけど、
わりと小さなお寺ばかりで、住宅街にひっそり在ったりするので、
結構、見つけにくいんですよ~。


2020年に一人で走って巡った時の様子

当時ロコパパが持っていた、メルカリで買った5000円の旧式のスマホは、
方位コンパスが内蔵されてなくて、グーグルマップを作動させても、
どっちに行ったらいいのか分からず、迷いまくってしまいました。

しかし、時代は変わりました。

やっぱりメルカリで買った、わりと新しめの中古の8000円のGPSウォッチには、
方位コンパスはもちろん、ナビゲーションシステムが搭載されているので、
もう、スマホすら見る必要も無く、ずんずん進んで行けるんです。

(あらかじめスマホでコースを設定して時計に転送しておく必要ありますが。)

そんな訳で、今回は全く道に迷いませんでした。

こんな感じでスマホ上のアプリで自分の通りたい道でコースを作りました。

今回は狭山ヶ丘からスタートしたので19.15㎞になりましたが、
電車を使って所沢や下山口駅からスタートすれば、
もっと全然短い距離で廻れます。


GPSウオッチにルートをブルートゥースで転送して、、、



ナビゲーションをスタートさせると、ちゃんと進むべき道に導いてくれるんです。
こんな感じで。。。

スマホなしで、手ぶらで!

これは本当に便利です。

、、、って、
私は「ジャパネットたかた」ではないので、
GPSウオッチの宣伝はこのくらいにしときますけど。。。



海蔵寺の毘沙門天


本覚院の布袋尊



光蔵寺の寿老人



佛眼寺の福禄寿


長久寺の大黒天



持明院の恵比寿尊



永源寺の弁財天(弁天堂)

弁財天は、弁天堂の中にいらっしゃって、
拝観することはできませんでした。

それと、、、、
なぜか本覚院にも池があって、弁天堂がありましたので、
弁財天は2か所にいらっしゃるみたいです。


気温はそれなりに低かったですが、
日差しにも恵まれて、歩いていればそれほど寒く感じず、
ノンビリと4時間40分、合計20kmのハイキングになりました。

走るのとは違って、
景色や会話をのんびりと楽しめるのは、
ウォーキングの良いところです。


最後に、、、、
今回の様にロコパパが歩いたコースが、
「GPXファイル」という形式で自動的にスマホに保存されるので、
そのファイルを、例えばあなたのスマホやGPSウオッチに取り込むと、
あら不思議、あなたも同じコースで歩くことができるようになるんです!

そんな、事が簡単にできる時代になっているんですね~。

私もつい最近まで、まったく知りませんでした。
(^^ゞ

ここから今回のコースのGPXファイルをダウンロードできるようにしときましたので、
興味のある方はお試し下さいね。


※スマホで使う場合、GPXファイルに対応したアプリを、
あらかじめインストールする必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
色々なアプリがありますが、、、
例えばロコパパは使っている時計がスントなので、
スントアプリを使っています。
(時計を持っていなくても使えます)

こちらから、各スマホ用のスントアプリがインストールできます。










2023年12月30日土曜日

2024シーズン【季節限定】ガレット・デ・ロワ

2024年1月6日(土)からスタート!

【季節限定】ガレット・デ・ロワ

¥250(税込)





フランスの新年に食べられる、クレームダマンドが入ったガレット・デ・ロワ。

ガレット・デ・ロワって、大きくて、値段も高いし、
ひとりで食べるには大きすぎて、ちょっと手が出ない。。

そんなあなたのお悩み解決!

そのガレット・デ・ロワの本場パリでは、大小様々な大きさで焼かれています。

日本の様に、大きいのしか無いって訳ではありません。

そこでロコパンでは、
フランス式に食べ易く買い易く、小さめに焼き上げています。


【豆知識】クレームダマンドとは?

フランス語で、creme d'amandes=アーモンドのクリーム

クリームと言っても生クリームではなくって、
小麦粉も少々入っていて主に焼いて使うものです。


原材料は、
よつ葉バター、マスコバド糖、アーモンドプードル(アーモンドの粉末)
生協の赤玉卵、薄力粉、ラム酒

作り方は簡単!
バターを室温に戻し、上の材料を記載順に
ホイッパーで混ぜるだけです。
出来たら、冷蔵庫で冷やしてから使います。


フランスではフェーブと言う陶器の人形を入れて焼きますが、

日本では認知度が低く、危険なのであまり入れません。

ロコパンではフェーブの替わりに、クルミをワンピース入れています。


ガレット・デ・ロワは、季節限定焼成です。

今年はフランスの新年の味にトライしてみては?

3月末までの予定です。


2023年11月26日日曜日

2023年完走者リスト(3名/累計226名)11/19現在

 2023年完走者リスト



このページはロコパンのマラソンパンを食べて、
見事完走したランナー達の記録集です。



ゆたんぽさん(埼玉県56才男子)
11月19日
MINATOシティハーフマラソン
1時間34分24秒

今回も、マラソンパンをお店で購入した際に
「頑張ってくださーい!」

奥さまに応援していただきました。毎度ありがとうございます!
スイッチ入れました!

この大会は、コンパクトな規模と駅近で参加しやすく、
今回も運よく当選できました。

コースは、増上寺前から、田町、板橋そして麻布周辺を折り返し
増上寺前に戻ることを繰り返し、最後は東京タワーでゴールする
という東京タワーを中心としたコースです。

都心の高層ビル群を抜け、箱根駅伝の1区と一部が重なることもあり、
非日常を感じられる大会でもあります。

スタートすると、早々に目標タイムに向けハイペースで入る人がいて、
最初から刺激を受けます。

ややオーバーペース気味で再び増上寺前を通過した際には、
早くも太ももに違和感があってペースを落とすか一瞬迷いましたが、
なんとか周りのランナーのペースに合わせることができました。
ですが、コースには東京タワーを頂点として複数の坂があり、
緩急があって登り下りを繰り返すので息が上がります。

また、やや折り返しや曲がり角が多く、
ペースを保ちにくい難しさもありました。
終盤で同じペースのランナー4人での集団走となり、
何回も離されそうになりましたが、
給水所や歩道で熱心に応援して下さる方々からも元気をいただき、
彼らに食らいついていきました。

残り1キロでも複数の登り坂があり、特にラスト200mは、
東京タワーの根本のゴールに向け激坂となります。

今回で3回目の参加ですが、何度走っても苦しい(楽しい)坂を、
一人でも抜くため、もがくようにゴールしました。

ネットで1時間34分24秒となり、約10年ぶりのPB更新となる、
満足感が高く嬉しい結果となりました。

ゴール後に、東京タワーが良く見える会場で、
いつもどおり黒豆と柑橘系のパンをいただきました。
いつもと違った美味しさでした。

大会関係者の皆様、応援して頂いた方々、
また今回もマラソンパンを作って頂いたロコパンさんに感謝いたします。
ありがとうございました!

ロコパパコメント
2021年のMINATOシティハーフマラソンでも、
1時間36分で、快走されているのに、
今回は1時間34分の2分の記録更新は、素晴らしいです!!!

ご自身の40代の頃の記録を破る10年ぶりのPB更新とは、
夢の様な走りですね~!

50代の希望の星、益々益々、尊敬申し上げます。
(^^)/

本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。




ゆたんぽさん(埼玉県56才男子)
10月15日
東京レガシーハーフマラソン
1時間38分19秒

今回もお店でマラソンパン購入の際に「頑張ってくださーい!」
と激励いただき、スイッチをいれました。

当日は、朝からあいにくの大雨。

国立競技場横のスタートブロックに立つと、
ビニール袋を転用したカッパが雨でバチバチ音を立て、
ウェアにドンドン雨が沁みて気分は下がり気味に。

でも、スタートして直ぐに多くの方々が道路の両側で応援してくださり、
そのお陰で、いつものマラソンモードに切り替わりました。
ありがとうございます!

靖国通りの長い坂を下ると、同時開催だったMGCの参加選手とすれ違い、
彼らへ周囲の人達とともに「ファイトー!」と声がけし、
自分にも気合いを入れました。

MGCは、ある意味人生をかけたレースであり、
選手から唯ならぬ緊張感を感じます。

それにしても、冷たい雨と風が強く、走っていても大変寒いレースでした。

それでも懸命にサービスと応援してくださるボランティアの皆さんには
頭が下がる想いであり、自分を含め「雨の中ありがとうございまーす!」
と、多くのランナーが声がけし、
いつもよりボランティアの皆さんとの一体感を感じることができました。

コースは飯田橋から南下して日本橋を折り返し、皇居に向かいます。

レースも後半となり、応援してくださる方々に手を振って元気をもらいつつ、
ペーサーとなる人を見つけては、置いていかれないようペースを維持する
我慢どころです。

雨は落ち着いてきたものの、強風に負けないように
地面のキックを強くするも所々雨で滑り、
細かなコースどりを強いられる場面もありました。

皇居から飯田橋に戻り、防衛省の先の長い登り坂が見えた頃から

「あと4キロだよー!頑張れー!!」

との応援をいただき、自然とペースが上がります。
その登り坂も、そのあとのペース配分を考えている内に通り過ぎ、
その後は、まだ2キロもあるのに抜きつ抜かれつとなりました。

競技場が見えラストスパートとなり、
周囲のランナーも目の前のランナーを一人でも多く抜き、
また抜かれないよう力を振り絞っているのが感じられます。

競技場に入って、あのスタンドの広大な景色で気分も最高潮のまま
ゴールに駆け込みました。
ネットで1時間38分19秒でした。

大変な気象条件の中、大会を開催していただいた関係者の皆様、
本当に賢明に尽くしていただいたボランティアの皆様、
また応援していただいた方々、
そして今回もマラソンパンを作っていただいた
ロコパンさんに感謝いたします。

ありがとうございました!!

ゴール後に、いつもの黒豆と柑橘系のパンをいただきました。
大雨に負けない美味しさでした。

これからもマラソンパンをお願いします!

ロコパパコメント
あの日、テレビでMGCを見ていました。
凄い雨の中ゆたんぽさん達も走ってるのかなぁ~と、想像していたら、
女子選手達とすれ違っている大勢の市民ランナー達が映り込んでいて、
興奮してしまいました。

あの土砂降りの中で1時間38分とは!?
普段の練習に培われた実力もさることながら、
すごい精神力ですね~。

同じ50代ランナーとして、
尊敬と憧れを抱いてしまいました。

お疲れ様でした~! (^^)/



ゆたんぽさん(埼玉県56才男子)
3月12日
立川シティーハーフマラソン
1時間35分39秒


今回もロコママに「頑張ってくださーい!」と直接励ましていただき、
ロコパパからは、
マラソンパンに毎回添付して下さる説明書中で激励をいただきました。
いつもありがとうございます!

大会当日はやや曇りで若干冷えており、
スタート時は絶好のマラソン日和となりました。

立川ハーフの前回は、
予期せず良いタイムでしたので、気合が入ります。

今回はDブロックでしたので、
併設大会である日本学生ハーフマラソンに参加する大学生ランナーの
直ぐ後ろに陣取りました。
スタートは、立川駐屯地の滑走路上で解放感は抜群です。

昨年同様、増田明美さんの激励の後に、
立川市長のピストルでスタートです。
昨年はウェーブスタートでしたが、今年は一斉スタートでした。

大学生ランナーは、やっぱり早い!
スタートと同時に、あっという間に引き離されました。

引き離された分、前方にやや隙間ができ、
スタート直後の混雑がなく巡航スピードに乗れましたので、
今回も後半次第では良いタイムが出るのではと
期待し意気込みました。

期待どおりのタイムで立川駐屯地を出て、
公道に出ると、
早くも1回目の折り返しを戻ってきた大学生ランナーとすれ違います。

やはり凄いスピードで、
皆真剣な表情でそれぞれの目標タイムに向かっていました。

沿道で応援する方々は、大学生ランナーを応援している人が多く

「〇〇!もっと前について行けー!!」

と名指しで気合を入れているのをよく見かけるところが、
他のマラソン大会と一風違うところではないかと感じています。

中間を過ぎ、12kmを過ぎたあたりの緩い長い登りで苦しくなり、
前半からとばしてきたツケが早くも出てきました。

まだ半分なのに、
これから公園に入ってからのアップダウンもあるため暗い雰囲気になりはじめたところ、
沿道の方から「楽しんでねー!」と
応援していただきました。

どうやら、気合ばかりが先行し、
余裕のないランとなっていたようです。
肩の力を抜き、深呼吸して後半の公園内コースへ入りました。

公園内に入ると、隣のコースでは、
公園を一周しゴールまで数kmとなった大学生ランナーが
ラストスパートしています。そのスピードの差を改めて感ました。

後ろからも、力を温存していたランナーに抜かれ始め、
コースのアップダウンもあり、まさに頑張りどころです。

公園を一周し、あと数kmとなった時点で、
余裕がなくなりペースダウンし始めました。
周りの人も苦しそう(楽しそう)に走っており、妙な連帯感を感じます。

やや登りの大きなカーブで、
相変わらず見えないゴールをめざし、
もがくように進み、
最後は後ろから迫ってきたランナーと競り合いゴールしました。

タイムは、1時間35分39秒と前回の立川のタイムより向上し、
また昨年の港ハーフよりも若干向上して満足感のある大会となりました。

まだ永らくのコロナ禍にあって、大会を開催して頂いた立川市の皆さん、
沿道で応援していただいた皆さん、
特に12km過ぎでスイッチを入れ直していただいた方、
また、
今回もマラソパンを作って頂いたロコパンさんに感謝いたします。
ありがとうございました!!

ゴールの後に、いつもどおり黒豆と柑橘系のパンをいただきました。

スタートの滑走路から、空を抜けるような美味しさでした。

ロコパパコメント
2021年のMINATOシティハーフマラソンでも
1時間36分で、快走されているのに、
1時間35分の1分の記録更新は、
素晴らしすぎます!!!

50代の希望の星として、益々尊敬申し上げます。
(^^)/

本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

2023年11月18日土曜日

【予告】冬季限定パン5種12/6(水)からスタート!

◆◆◆12月6日(水)から冬季限定パン5種がスタートします。




【冬季限定】ロコワッサン 160円(税込)(3月末まで)

ロコパンオリジナルな形のクロワッサンです。

よつ葉バターの折込を機械を使わず、麺棒だけを使って手作業でやっている為、
気温が低い冬しか作る事ができません。

サクッ!バリッ!と歯ごたえのある食感です。
よつ葉バターならではのコクと風味をお楽しみ下さい♪

原材料:フランス産小麦粉、よつ葉バター(無塩)生協赤玉卵、オーガニック黒糖「マスコバド糖」、よつ葉スキムミルク、フランス産100%自然海塩「ゲランド塩」、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、海洋酵母






【冬季限定】小さな林檎パイ 180円(税込)
(3月末までですが1月以降は予約限定の裏メニューになります)


8mmの角切りリンゴをのせシナモンで香りを付けた小さなアップルパイです。
少しゆったりしたい時のティータイムに♪

原材料:フランス産小麦粉、よつ葉バター(無塩)生協赤玉卵、オーガニック黒糖「マスコバド糖」、よつ葉スキムミルク、フランス産100%自然海塩「ゲランド塩」、
自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、海洋酵母、角切りリンゴ、シナモンパウダー



マロンロールにに代わって登場するのは、、、、?

【冬季限定】ショコラ 140円(税込)
(3月末まで)
【冬季限定】
バターロール生地にフランスカカオバリー社製のカカオ分57%チョコレートをそのまま包みこみました。甘さ控えめな大人のショコラです。

焼き立ては中のチョコがトロトロですが、冷めてから食べるとチョコがパリパリ食感で、これもまた美味なり♪

原材料
北米産小麦粉、よつ葉バター、生協赤玉卵、オーガニック黒糖「マスコバド糖」、よつ葉スキムミルク、赤穂の天塩、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、海洋酵母、フランスカカオバリー社クーベルチュールチョコレート




メイプルシュガーのメロンパンに代わって登場するのは、、、、?


【冬季土曜限定】ココアのメロンパン 150円(税込)
(来年2月末まで)

※平日は裏メニューになります!

フランスのカカオバリー社製の濃厚な純ココアと、オーガニック黒糖マスコバド糖で作った贅沢なメロンパン。

原材料
パン生地
北米産小麦粉、よつ葉バター、生協赤玉卵、オーガニック黒糖「マスコバド糖」、よつ葉スキムミルク、天日塩、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、海洋酵母、

クッキー生地
オーガニック黒糖「マスコバド糖」、カカオバリー社純ココアパウダー、小麦薄力粉、よつ葉バター、生協赤玉卵



          オレンジのパンに代わって、登場するのは、、、?

【冬季限定】ゆずのパン 130円(税込)(来年2月末まで)

ゆずピールをバターロール生地に練りこんでふんわりと焼き上げました。

日本の冬の香りで、心も身体もホッコリとあたたまりましょう♪

原材料:北米産小麦粉、よつ葉バター、生協赤玉卵、オーガニック黒糖「マスコバド糖」、よつ葉スキムミルク、天日塩、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、海洋酵母、ユズピール  

姉妹品:(春夏)オレンジのパン(春)いよかんのパン



【予告】12月限定 シュトーレン2023

◆◆◆12月6日(水)から12月23日(土)までの3週間だけの限定販売です。

粉糖を減らして甘さ控えめ。
スパイスもマイルドに仕上げています。 

ケーキともパンとも異なる独特の食感と風味です。


今年もシュトーレンの季節がやってきました。

本場ドイツではクリスマス前の11月中旬から店頭で売られ始め、
約1ヶ月間、普段の日に食べて、クリスマスシーズンを楽しむそうです♪

クリスマスを指折り数えて待ちながら、
なにかと忙しい年末のティータイムに、
ほっと一息つくためのお茶菓子なんです。

フランス産小麦粉をベースに、よつ葉バターとマスコバド糖、
アーモンドプードル、ゲランド塩、卵黄、牛乳で練り上げた生地に、
シナモンとキャラウェイのスパイスの香りが効いています。

その生地に、クルミ、ラムレーズン、オレンジピールをたっぷり混ぜて、
丁寧に焼き上げています。

ケーキともパンとも異なる、独特の食感と香り。
1個¥720(税込)



販売期間は12月6日(水)から12月23日(土)まで!

※11/21~12/2の間、パンをお買い上げのお客様に、
シュトーレンの早期販売割引券を差し上げます。

※「林檎とおさつのクグロフ」と「狭山茶とゆずのクグロフ」は、
シュトーレンの販売期間中は、お休みさせて頂きます。
 (12/27(水)~12/30(土)の4日間は2種のクグロフ共に販売再開させて頂きます)






食卓パンの店  ロコパン




2023年9月23日土曜日

【予告】秋のパン、始まります♪

10月4日(水)より、秋の味覚のパン5種がスタートします。















【秋冬限定】林檎とおさつのほっこりクグロフ ¥250(税込)

フランスの伝統的な焼き菓子。
角切り林檎を練り込んだ生地に徳島県特産の「なると金時」のダイスカットをたっぷりと包み込みました♪ 組み合わせの意外な美味しさに思わずほっこり♪  

 原材料:北米産小麦、オーガニック黒糖マスコバド糖、生協赤玉玉子、よつ葉バター、
よつ葉スキムミルク、フランス産100%自然海塩ゲランド、角切りリンゴ、
角切りさつまいも(なると金時)、海洋酵母

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~














【秋冬限定】おさつのパン ¥150(税込)

モチふわ食感のパン生地に、徳島県特産の
なると金時のダイスカットをたっぷりと包み込みました♪

原材料:北米産最強力小麦粉、新潟産米粉、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、マスコバド糖、トランスファットフリー植物油脂、ゲランド塩、海洋酵母、
角切りさつまいも(なると金時)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





【秋季限定】マロンロール ¥190(税込)

フランス産マロンペーストの、上品な風味を生かした甘さ控えめなマロンクリームを、
ふんわりと生地に巻き込んで焼き上げました。秋を感じたいひと時にどうぞ♪

原材料:北米産小麦粉、よつ葉バター、フランス産マロンペースト、生協赤玉卵、オーガニック黒糖「マスコバド糖」、よつ葉スキムミルク、天日塩、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、海洋酵母、



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
















【秋冬限定】シナモンレーズンベーグル ¥150(税込)

モハベレーズンを練りこんだシナモン風味の、
歯切れと口どけの良いソフトタイプのベーグルです♪

原材料:北米産最強力小麦粉、新潟産米粉、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、マスコバド糖、トランスファットフリー植物油脂、ゲランド塩、海洋酵母、
モハベレーズン、シナモンパウダー



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
















【秋冬限定】舞茸のフォカッチャ ¥250(税込)

イタリアのピザの原型と言われるオリーブオイルが香るパン。
国産舞茸のコリコリ食感と旨みが、
よつ葉のナチュラルチーズと一緒にとろけています♪

原材料、北米産最強力小麦粉、新潟産米粉、イタリア産エクストラバージンオリーブオイル、乾燥バジル、自家製天然酵母「ナチュラル酵母」、マスコバド糖、
トランスファットフリー植物油脂、ゲランド塩、海洋酵母
トッピング:よつ葉ナチュラルチーズ、国産舞茸、黒胡椒


2023年7月2日日曜日

夏のパン始まります♪

お待たせ致しました!

7月5日(水)から
夏季限定
レモンのパンが始まります。
9月30日土曜日まで!


【夏季限定】レモンロール 140円(税込)

バターロール生地に香り高いレモンピールを巻き込んでます。
甘酸っぱさが夏の疲れを癒やします♪





夏季限定】レモンとクランベリーのさわやかクグロフ 250円(税込)


ラムレーズンとオレンジのクグロフに替わって、夏季限定の登場です。

爽やかなレモンの香りと、クランベリーの甘酸っぱさが、夏の疲れを癒します。

2023年6月17日土曜日

定休日の変更のお願い。。。

 パンの原材料や電気代などの光熱費、包装材料や設備維持費用等々、

ロコパンを取り巻く全ての環境が厳しい状態が続いています。

特に夏場は、オーブンの熱がエアコンの冷却能力を無駄にフル稼働させてしまい、

毎年電気代が信じられないほど高額になってしまいます。

しかも、今年の夏は電気代の大幅な値上げの予定もあり、

今から戦々恐々として、寒いくらいです。(苦笑)

 

パンを焼けば焼くほど赤字が増えてしまい、

いっその事、何もしないで家で寝ていた方がマシなのでは? 

などと、本気で悩む程なのです。



「食卓パンの店」としての存在価値は、

気軽に手が届く価格帯の手作りのパンを、地元の皆様に提供する事。

と、考えておりますので、極力値上げはしたくありません。

熟考の末、大胆な改革で、この難局を乗り切る決意を致しました。

 

◆営業スケジュールを最適化して、仕込み日と焼成日を分ける事で、

エアコンの稼働率を下げ、電気代を削減させます。

具体的には、定休日を日曜、月曜、火曜の3日間にして、

火曜日を仕込み日にあてます。

 

7月より、

店舗営業日は水曜、木曜、金曜、土曜週4日制になります。

営業時間は延長して、全て 早朝6:3017:00となります。

 

今まで火曜日にご来店して頂いているお客様には、

勝手なお願いで、とても恐縮なのですが、

今後は別の曜日へのご来店へシフトして頂けないでしょうか? 


ご理解の上、ご納得いただき、ご検討いただければ幸いです。

これからも、どうか変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。


              食卓パンの店 ロコパン :店主ロコパパ&ロコママ

                                   <(_ _)><(_ _)>

 

このブログで人気の記事